私がiDeCoで結果を出すために使った「時間の分散」
言い方を変えればドルコスト平均法です。

2006年12月29日の日経平均の終値は17,225円でした。
そして昨日、2019年10月8日の終値は21,375円。

13年で約2割の上昇。

でも・・・

私がiDeCo(個人型確定拠出年金)で持っている日本株のファンドは
この13年で52%も上昇しています。

ファンドが優れてるわけではないのです。
だってTOPIX連動のインデックスファンドなんだから。

その答えは「ドルコスト平均法」、
毎月一定額を投資することにあります。

この「答え」にピンと来なかったかたは
ぜひ私のセミナーに(笑)

じぶん年金を考えるセミナー